再登校事例


私のカウンセリングによる自発的な再登校事例を掲載いたします。
私も誰も学校に行かせようとしていません。指示も指図も一切していません。
根本原因を解決し、自らの意志で、自らの足で学校に向かいだした子達の記録です。

*古い事例で「TFT(思考場療法)」が登場しますが、今は使っていません。
現在は代わりに私独自の記憶除去技術「五感変容メソッド」を使っています。

*古い事例ではまだ理論面が十分ではなく、現在の3つの因子理論に沿っていません。

Vol.1 精神不安定による不登校 女子高校生SKさん

お父さんによるレポート

SKさんは高2から月に1~2回腹痛や頭痛等の体調不良で休むように。12月の後半からは朝起きれずそのまま学校を休み出し、冬休みが明けると急に泣き出したり、自分を責めて、自分の体をたたいたり、過食になったりと非常に精神的に不安定な状態に。

本人に聞いても原因は不明。心療内科の薬は効果なし。真の原因は胎児期のストレスと、お母さんの精神不安定でした。

私がお父さんに1日集中講座で記憶除去をお教えし、第三因子の記憶除去を行っていただきました。カウンセリングはその1回のみ。あとはメールのフォローのみで、現在は多少不安定さが残るものの、自発的再登校を継続しています。

Vol.2 社交不安障害による不登校 男子高校生GM君

お母さんによるレポート

GM君は高3からのいじめが引き金となり、下痢や腹痛を起こし不登校に。しかし学校側のマズイ対応と、家庭での親子の愛着関係がほぼなかったことが不登校をこじらせ、社交不安障害を起こします。

私がいじめの記憶除去と愛着関係の再構築を指導し、カウンセリングは7回で無事高校を卒業、今は夢だった声優学校へ進学し、元気にがんばっているとのこと。

Vol.3 無気力による不登校 男子中学生MM君

お母さんによるレポート

MM君は中1の夏休みからハードな勉強にも部活にもついて行けなくなり、足が痛い、などの身体症状を発症するようになり、朝起きられず不登校に。
原因は、小学校から数年続いたお母さんによる勉強の強制、サッカー少年団での屈辱的なトラウマなどでした。

お母さんがカウンセリングを申し込まれ、私が直接MM君にカウンセリング。カウンセリング回数はわずか2回、それ以外にメールでのフォローのみで、根本原因であった過去の記憶を除去、様々な症状が消失、自発的再登校を果たしました。

Vol.4 いじめによる不登校 女子高校生SAさん

お母さんによるレポート

SAさんは中学入学後、元友達から陰湿ないじめを受け、過敏性腸症候群など様々な症状を発症、中1の終わり頃から不登校に。
地元のクリニックと心療内科を五軒、大手不登校支援団体、心理療法指導室で催眠・・・SAさんはあらゆる機関に通ったが、結果は全滅、全く改善できず。

私が直接いじめ犯の記憶除去を行い、カウンセリング10回で全快。安定した自発的再登校を得て、ごく普通の明るい高校生活を送っています。

Vol.5 強いストレスと解離性障害による不登校 女子中学生SKさん

お母さんによるレポート

SKさんは、生まれてから受け続けたあらゆる強いストレスによって中2の5月に解離性障害を発症、学校へ行こうとすると悲鳴を上げて失神するようになり、不登校に。

お母さんに記憶除去をお教えし、ご自宅で記憶除去を長期間コツコツ行っていただき、その間お母さんとは4回、お父さんとは1回カウンセリングでお会いしました。

記憶除去によってSKさんが安定化し、私と会えるようになってからSKさんにカウンセリングを2回行い、その後安定で自発的な再登校に至りました。

Vol.6 自殺願望と線維筋痛症による不登校 女子高校生UMさん

UMさんは、中3の11月中旬から節々の痛みを訴えました。酷くなるとペンが持てないほどの、体中にガラスの破片を埋め込んだような激痛に襲われました。そして治療に専念するために休学。鍼治療を行ったところ痛みは改善したが、学校に行けなくなりました。

原因は学校と家庭の両方のストレスでした。

私がUMさんに直接カウンセリングを行い、3回で自発的に再登校を始めました。

Vol.7 いじめによる不登校 女子高校生アスカさんと弟D君

弟D君は小学校の時クラスのボス的存在の男子と対立、さらに中学で女子から嫌がらせを受け、朝起きられず不登校に。

私が小学校の時の対立の記憶除去を行ったところ、翌日からいきなり朝パッと動きだし、わずか1回のカウンセリングで自発的に再登校。以降再発なし。

姉アスカさんは、中3の時同級生3人から突然強烈で陰湿ないじめを受け、苦しい身体症状と精神症状を次々と発症。そして不登校となりました。
さらに、お父さんのDVと離婚による第三因子もあり、問題は深刻化。

あまりにも大量にあったいじめの第一因子の記憶除去に約20回、それから第三因子にカウンセリングを切り替えて7回、電話でのカウンセリングが3回で、全快。
定時制ですが楽しい高校生活とバイト生活にがんばっています。

Vol.8 集団リンチによる不登校 女子中学生ESさん

ESさんは中2の時、男女間の関係のもつれから女子高校生と女子中学生に脅され、カラオケボックスで集団リンチを受け、それ以降対人恐怖から全く外出できなくなり不登校に。

2回の記憶除去で外出が可能になり、計12回のカウンセリングで、人間不信や登校への不安を消し自発的に再登校。以降再発なし。夢のパティシエに向かってがんばっています。

不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら