不登校の原因の97%はコレでした


皆さんに大切なことをお伝えします。

私が今年に入って、
お受けした個別カウンセリングで
重大なことが分かりました。

原因が分かった36件中35件の原因が
マイナス言葉と共感欠如
であったということです。

この中には、暴力や暴力的行為を含みます。

原因を丹念にお子さんから聞きだしたり
お子さんが直接カウンセリングを
受けられない場合は親御様から原因を解明していくと、

その根底には97%がなんと、
親のマイナス言葉と共感欠如が
原因でした。

もちろんそれだけではなく、
様々な要因が絡んでいることは否めませんが、
この問題を解決することがあなたのお子さんの
不登校を改善解決する鍵を握っていると言えます。

それはなぜかというと、親のマイナス言葉、
共感欠如によって、様々な問題が発生し、
それが回避性対人恐怖や
自己信頼の低さを産み出すからです。

つまりあなたのお子さんの不登校問題の
改善解決の鍵を握っているのも
あなた自身、あるいは家庭の中の大人の
マイナス言葉と共感欠如を解決することです。

では、どうすればいいのか?

それを解決する方法があります。

その前に先日、
10月31日に開催された
セミナーに大きなヒントが
ありましたのでご紹介します。

そのセミナーは、国立成育医療研究センター
特命副院長 奥山眞紀子先生による
「子どもの心の発達と愛着形成について」
というテーマでした。

そこで、次回は奥山先生のセミナーの中で、
あなたのお役に立つ
最重要ポイントを分かりやすくお伝えします。

不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら