再登校事例 社交不安障害による不登校 男子高校生GM君


再登校事例

社交不安障害による不登校 男子高校生GM君

男子高校生GM君のお母さんからいただいた、自発的再登校レポートです。

GM君のカウンセリングは、実は失敗寸前でした。その反省が、私のカウンセリングの進め方を一大転換させる決め手となった、重要なカウンセリングです。

GM君は陰湿ないじめを受け、高3の10月、まさに受験直前に不登校になり、親御様は相当焦ります。

心療内科に通うも全く改善されず、学校側の事なかれ主義も手伝ってさらにGM君の状態を悪化させることに。

しかし私がいじめの記憶除去をするも良くならず、愛着関係の再構築にカウンセリングを切り替えて、カウンセリング7回で無事卒業。

今は中学の頃からの夢だった声優学校に進学し、元気に頑張っているそうです。

  1. Vol.1まさか自分の息子が不登校になるなんて

    息子は高校3年の10月から不登校になりました。

    まさか自分の息子がイジメで不登校になるなどとは夢にも思わず、ましてや高3であと数カ月の学校生活だったのに…。と思うと当初は大変悔しい思いをしまたし、相手の子供や親そして学校を恨みました。

  2. Vol.2良い方向に向かうものと思っていたのに

    (2011/10/12)

    10月12日の朝でした。
    また下痢や腹痛があり休みたい…との事。

    そして息子の口から「今まで気づかなかったが、具合が悪くなる原因はFとその仲間数人からの嫌がらせのせいかもしれない。」と告げられました。

  3. Vol.3何の進展もなく

    (2011/10/18)

    やはり今日も登校できません。
    息子はいじめの書類を確認しには学校へ行けるとの事で、夕方5時半に学校に行き、担任のI先生と学年主任と話し合いました。

  4. Vol.4学校はいじめをうやむやにしたい

    (2011/10/27)

    朝、生徒の登校もだいたい終わったような時間に保健室に息子と行きました。
    また担任のI先生と学年主任の2人に同じような話を聞かれましたが、イジメの件に関する調査は全く進展しておりませんでした。

  5. Vol.5やっと登校できたのに

    (2011/11/02)

    ようやく登校できました。
    この日スクールカウンセラーの先生のカウンセリングも受けました。
    11月3日は祝日で休み、4日、7日は登校できませんでした。

  6. Vol.6全く納得できません

    (2011/11/09)

    あまりの学校の対応のまずさに、もう教育委員会に相談するしかないと決め電話をしました。
    教育委員会では丁寧に話を聞いてくださって、すぐに学校に電話をしてくださいました。
    するとすぐに教頭先生から電話があり、11月11日に学校で話し合いが持たれる事になりました。

  7. Vol.7初回は猛スピードでカウンセリング

    (2011/11/15)

    東京で待ちに待った新井先生のカウンセリングを受けました。

    小さい時からのストレスな記憶を一つ一つ丁寧に新井先生が掘り起こして下さり、何も無いと思っていた保育園時代と小学校時代の記憶にストレスを感じる記憶が出てきました。
    全く親の私も知らなかった事が次々と出てくるので驚きました。

    息子がこんなふうに新井先生に話をするのも不思議でした。

  8. Vol.8パンドラの箱が開いた

    (2011/11/20)

    自宅でスカイプカウンセリングを受け、引き続きイジメに関する記憶除去を進めていただきました。そうしましたら久しぶりに21日登校する事ができました。別室で先生と二人という形でとても疲れたと思います。

    この間、息子に理解できない行動が次々と出てきました。

  9. Vol.9いくらいじめの記憶除去をしてもダメ

    (2011/11/25)

    声優学校進学の為に卒業したいと言う強い気持ちからか、別室登校できました。

  10. Vol.10登校への不安はなくなったが、安定しない

    (2011/12/20,21)

    東京でカウンセリングを受けました。

    先生方との辛いストレス記憶を除去していただき、再登校した際に教室や友人とのやりとりで不安に感じる事をイメージして、その除去を徹底的にしていただき、カウンセリングを終了しました。

  11. Vol.11愛着不足

    (2012/1/4)

    朝から久しぶりに教室に再登校できました。
    模試でしたが1日教室で受ける事が出来ました。

  12. Vol.12卒業

    (2012/01/15)

    センター試験は受けると言っていましたが、自分の目指している事とは違う方へ向かっている事が、吐き気や眠れないなどの身体症状を引き起こしたようです。

    息子は「社会勉強の為に受験しよう」と一晩考えたそうですが、結局当日の朝になって「受けない」との固い決心で受験しませんでした。

  13. Vol.13GM君の幸せ

    (2012/03/01)

    卒業式に無事親子ともども出席する事ができました。部活の仲間や後輩達に祝福され楽しい卒業式になったようです。
    体調不良も無く教室で笑顔の息子を見る事ができました。

不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら