再登校事例 いじめによる不登校 女子高校生アスカさんと弟D君 Vol.5 女子高校生アスカさん Vol.3 アスカさんのすさまじいストレス履歴 ~中学時代


再登校事例

いじめによる不登校 女子高校生アスカさんと弟D君 Vol.5

女子高校生アスカさん Vol.3 アスカさんのすさまじいストレス履歴 ~中学時代

(中学時代)
 
・テニス部
 
KR1先輩(中3の先輩)
中1にも中2にも冷たく、あまり関わりたくなさそうな人。
 
KR2先輩(中3の先輩)
不良。中2には厳しく、「アレとってこいコレとってこい」。
とにかく短気ですぐかっと来ます。怒ると「むかつくから帰るからバイバイ」と明るく勝手に帰ってしまいます。
 
NH先輩(中3の先輩)
KR2先輩と仲がよく、同じようなことをします。
 
F先輩(中3の先輩)
感じが悪い。
アスカさんがボールを渡してもつんとしていてしゃべらない、礼も言いません。
いつもつんつんしています。
 
KA先輩(中2の先輩)
裏番長。
後輩に対して「アレもってこいコレもってこい」と命令、後輩にボールを投げつけてきます。
中2の先輩に障害を持った子がいて、すごくいじめていました。ボールをサーブでぶつけ、「きもいんだよ」「あっちいけ」「何で(部活に)くんだよ」。
後輩を監視します。練習で走るところを歩いていると怒鳴る、後輩同士でしゃべっていると怒鳴ります。
テニスボールは白いボールが新しくて、黄色いボールが古く、黄色いボールを先輩のところに混ぜると「何でこんなボール先輩に使わせんだよ」。ボールの空気圧が弱いと空気を入れた子に「おまえこんなこともできないのか」。先輩のコートに後輩のボールが入るとラケットで投げ返したリ「ふざけてんじゃねえ」。
中3の先輩の前では礼儀正しく猫を被っています。しかし顧問に対しては反発していました。
 
・アスファルト事件
夏休みの部活のときに、KA先輩は何かが気に入らなかったらしく「中1はみんな残って」といわれ、中1全員が誰も来ない校庭裏に連れて行かれ「ここに並んで正座しろ」。
中1の子はアスファルトの上に素肌で正座させられ、すごく熱いのに少しでも動くと「何で動くんだ」。
KA先輩が一人一人の気に入らないところを言っていき、後輩たちは「すいませんでした」とあやまり、30~40分でおさまり、「じゃあ帰るから」といって帰りました。
アスカさんはKA先輩のことが大嫌いで、陰でにらんだりボールをこっそりぶつけたり。それがバレていて、「ボールぶつけてんの知ってんだよ、なんであやまんねえんだ」。
アスカさんはKA先輩に対してだけは謝らず、ずっと下を向いて笑っていた。
 
TN先輩(中2の先輩)
不良。
顧問の先生にも逆らい、後輩に対してもすごく厳しい。
先輩が部活に来たら「先輩こんにちは先輩お願いします」と挨拶するのが決まり。それを「早く言え」(言うスピードを上げろという意味)、それも頭を下げながら言わせます。
先輩が来る前に後輩がボールを出し、ラケットを並べ、鍵をもらってきてコートを開けて、ということをやらせます(他の先輩も言うがTN先輩が一番言う)。
怒鳴る。「後輩は先輩の言うことより先生の言うことを聞く」といってラケットを投げつけてきたり、「死ね」などと暴言を吐きます。特定のターゲットはいません。
中3の先輩に対しては気が利く、礼儀正しい、完璧です。
 
(お母さん談)
アスファルト事件の前の6月あたり、おやつの銘柄を4~5種類指定して「もってこい」と1年生が全員命令されました。アスカさんはさんざん探し回ったがなく、お母さんは「代わりのを持って行けば」と言ったが、アスカさんは「そんなことできない」。ついにお母さんが学校に電話して先生に話すと、翌日先生がチェックして先輩たちが怒られました。
 
AM先輩(中2の先輩)
気に入っている後輩には優しいが、気に入らない後輩にはとことん文句をつけます。
みんなのいる前で「○○ちゃんはこうだよね」と悪口。その人めがけてボールを投げつけたり、話しかけてもシカト、あいさつしても「おはよう」と返さなかったり、自分が持ってきたお菓子や飴を気に入った人にはあげ、気に入らない子にはあげません。
後輩一人一人を呼び出して「ここを直して」(アスカさんには”ちゃんとあいさつして”、と言った)。
顧問には反発していました。
 
SM先輩(中2の先輩)
いばっている。
自分が面倒なことは全部後輩にやらせ、後輩をひいきします。
気に入っている後輩を審判に指名(ただ単にしゃべりたい)。
気に入らない後輩はにらみつけたり、態度が冷たかったりします。
 
TMちゃん(中1の同級生、後にいじめに加わる)
不良の要素を持つ。
先輩に言われたら動くが、ボールの空気入れとか、1年生の仕事を「あんたがやってよ」といってやらず、いばります。「わたしはできないからあんたがやって」。
先輩が見ているときだけボール拾いとかをやるが、先輩が見ていないところではやりません。
空気入れをアスカさんに押しつけてきたことも。「あたし昨日やったよ」と断ったけど「今日もやったっていいじゃん」と押しつけられて、結局やりました。
アスカさんとはあまりしゃべらなかったが、「この人はあたしとは合わない」と感じていました。
 
彼女は中2のとき、通学カバンをいじっていて、違反することをしていました。
チェックされるので、彼女はアスカさんのちゃんとしたカバンを勝手に「おまえのカバン違反じゃないから」といって、中身もそのままにアスカさんのカバンを持って帰ってしまいました。
アスカさんはしょうがないので彼女の違反カバンを持って帰ってきたが、「このカバン違反だから学校行けない」「中身盗まれたらどうしよう」といって大騒ぎ。
お母さんが先生に電話してとりなしてもらい、カバンは戻ってきました。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら