再登校事例 集団リンチによる不登校 女子中学生ESさん


再登校事例

集団リンチによる不登校 女子中学生ESさん

カウンセリングの様子

ESさんは中2の時、男女間の関係のもつれから女子高校生と女子中学生に脅され、カラオケボックスで集団リンチを受け、それ以降対人恐怖から全く外出できなくなり不登校に。

私が直接記憶除去を行い、2回の記憶除去で外出が可能になり、計12回のカウンセリングで、人間不信や登校への不安を消し、そして自発的に再登校。以降再発なし。

今は夢のパティシエに向かってがんばっています。

  1. Vol.1娘が集団リンチを受けた(無料電話相談)

    お母さんから電話をいただいたのが9月でした。
    8月にESさんが女子高校生と女子中学生に脅され、カラオケボックスに呼び出され、集団リンチを受けたというのです。

    しかも親友だと思っていた子が中学生のメンバーの中に入っていました。恋愛がらみのトラブルです。
    殺されると思ったESさんはコンビニのトイレに逃げ込み、お母さんに助けられました。

  2. Vol.2先に記憶除去すべきは主犯格(1回目カウンセリング)

    電話相談から10日後、スケジュールをこじ開けて1回目のカウンセリングです。ご両親が付き添っていらっしゃいました。よく来ることができたな、と感心します。

    みなさん表情が暗い。特にESさんの目の下にはヒグマが。というほどの見たこともない巨大なクマです。しかしファッションセンスがよく、元気だった頃はさぞかし可愛かったろう、と想像させます。

    あの日の記憶を思い出すのは苦しいだろう、しかし私はあえて傷口を開きます。ESさんも覚悟はできていたようです。

  3. Vol.3外出が可能に!(2回目カウンセリング)

    10日後、2回目のカウンセリングです。今回もご両親がいらっしゃいました。

    前回からの変化は、まず頭痛があったことです。これは私の方法(イヤな記憶を思い出してもらわねばならない)に伴うもので、お詫びを述べました。

    ところが、ESさんは先週の水曜日に日中1人でヨーグルトを買いに外出したのです。以前は「絶対外に出たくない」と言っていただけに、ご両親は驚愕。

  4. Vol.4顔が明るくなった(3回目カウンセリング)

    9日後、3回目のカウンセリングです。お母さんが同伴です。前回までお父さんが車を運転されていわきまでお越し下さっていましたが、もう大丈夫と判断なさったのでしょう。

    前回からの変化は、

    ・顔が明るくなった。ヒグマはミーシャに。
    ・今日は高速バスでいわきまで来ることができた。朝早い便なので駅も大丈夫。
    ・前回から外出はしていないが(用事がないため)、こわくなくなった。

  5. Vol.5もう外出はこわくない(4回目カウンセリング)

    1週間後、4回目のカウンセリングです。

    先週はお母さんと一緒に近くの公園までウォーキングを2回行いました。外出はもうこわくなくなりました。
    「太ったのが気になっていたので」家にいる間はずっと身体を動かし、腹筋と腕立てまで。
    食事も自分で作り気を付けているそうです。
    (私の目には全く太っているようには見えませんが。)

    少しずつ行動に変化が現れていますね。自発的に。

  6. Vol.6不安と武装とキャバ嬢(5回目カウンセリング)

    1週間後、5回目のカウンセリングです。

    先週から特に変化はなく、格闘技は近くに合気道系統の日本武道の教室があり、近々見学する予定とのこと。

    MKの記憶に対するタッピングはちゃんとやってくれていました。さすが「早く良くなりたい」という意志を持つ子は違う。

  7. Vol.7人間不信(6回目カウンセリング)

    1週間後、6回目のカウンセリングです。前回からの変化は特に無し。

    ということで、前回の残り、MZとYMをサクサクッと片付けて、また質問です。
    「明日から学校へ行かなくてはならなくなったとしたら?」
    これは、登校できる状態か、登校の意志はあるのか、を確認する質問です。

    すると、答えはやはり「まだ行きたくない」でした。

  8. Vol.8「人間不信」退治作戦開始(7回目カウンセリング)

    2週間後、7回目のカウンセリングです。

    前回ESさんは「4月に行くと言ったら絶対行く」と断言しました。
    お母さんによると「自他共に認めるがんこモノで完璧主義者」だそうです。

    この時は11月半ば、ESさんはまだ中2、引きの長期戦もアリです。リンチからの完全回復を狙う作戦に切り替えました。

  9. Vol.9あまり気にならなくなってきた(8回目カウンセリング)

    2週間後、8回目のカウンセリングです。

    前回からの変化は「イライラがなくなった」。ずっと落ち着いた平穏な感じだそうです。それ以外は合気道の道場に通っています。

    前回の宿題はちゃんとやってくれました。効果を確認します。
    新井「MKの悪口について今どう思う?」
    ESさん「別にどうでもいい。あまり考えなくなった」

  10. Vol.10完璧にしないと気が済まない(9回目カウンセリング)

    2週間後、9回目のカウンセリングです。

    この間の変化は色々ありましたが、勉強を家でするようになりました。「ヤバイと思って」だそうです。

    さて、前回の宿題の効果を確認しましょう。

  11. Vol.11不安が隠されている(10回目カウンセリング)
    カウンセリングの様子

    年明け、10回目のカウンセリングです。

    やはり駅へは行っていませんでした。エクステを付けるのもやめた、といいます。

    ESさんは通信講座で習い事を始めたり、パティシエについての話などまた色々変化はあったのですが、再登校に結びつくような動きはありません。

  12. Vol.12勝利のラッパが鳴り響く(11回目カウンセリング)

    3週間後、11回目のカウンセリングです。

    大きな変化はナシ。しかし顔が変わりました。ずいぶん大人っぽくなったように見えます。
    ESさんとお母さんに顔の変化を話すと、意外な話が飛び出ました。

    先週、なんとMKからメールが来たのです。「久しぶり」「MDからアドレスきいた」。

  13. Vol.13衝撃的な変貌(12回目カウンセリング)

    この日の衝撃を私は忘れられない。
    ESさんの顔は、強烈な変貌を遂げていました。

    可愛いとか、キレイとか、そういう言葉で表現ができない。
    素晴らしい陽の気を放っています。高温の輝き。眼が釘付けです。
    女の顔は、ここまで鮮烈に変わるのか!

  14. Vol.14もう来なくていいよ。(結末)

    金曜日の朝、お母さんからメールを頂きました。

    『お早う御座います。
    昨日、朝から一人で登校しました。

    カウンセリング時、2週間を目安に同行した方が良いと、言われておりましたが、本人が大丈夫だと、申しましたので心配でしたが信用して行かせました。

不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら