話を最後まで聞かない〈子供から嫌われる大人の特徴〉


 

今日はこんな話を皆さんと共有したいと思います。

先日、ある不登校の中学生の女子をカウンセリングさせて頂いた時のことです。

その子が私にこう言いました。

 

中女「先生聞いて下さい。どういう人が嫌か分かったんです」

新井『へぇーそれは是非聴かせて』

中女「先週、学校の先生が家庭訪問に来たんです。」

中女「嫌々ながら私は出たんですけど、私にいろいろ質問してくるんです」

中女「学校どうするの?って。それに対して答えると、先生は最後まで私の話を聞かずに、途中で遮って、でもね、○○ちゃん・・・って言ってくるんです」

中女「この先生、自分から質問しておきながら、私の話しは全然聞いてくれないなって。」

中女「最後まで私の話を聞いたうえで、何か言ってくるならまだ分かりますけど。」

中女「最後まで聞きもせずに、でもねでもね、ばっかり言うんです。そういう人、凄く嫌いだと思いました。」

 

ここまでご覧になってみて、あなたはどうお感じになりましたか?

あなたはお子さんの話しを最後まできちんと、聞き切っていますか?

我慢できずに途中で口をはさんだりしていませんか?

これは子供から嫌われる大人のコミュニケーションのやり方なのです。

子供から信頼を失うことにもなります。

ぜひ、あなたとお子様の会話がどんな会話なのか思いだしてみて下さい。

あるいは、会話をする際に、どんなやり取りをしているのか、意識してみて下さいね。

ありがとうございました。


不登校を解決するための4つのガイドライン

良い言葉がけと接し方を知る

無料ダウンロード
はこちらから

自分たち(親)でまず取り組む

詳細はこちらから

無料電話相談のお申込はこちら